STUFFBLOG

お久しぶりです、翔太です!!

今回は基礎の型枠を解体した後の錆止めです。

画像のタイトル

前回のブログで書いたのですが
【爆裂】鉄筋が錆びて膨張しコンクリートが壊れてしまう現象

今回は新築現場で基礎立ち上がりの枠をとめる金物の後処理です、
錆止めを塗る作業は爆裂を防ぐためです。、
塗る前の型枠の金物が基礎から飛び出している部分の処理がとても大変でした、、、処理と言ってもセットハンマーで叩いて折るという単純作業、、、ただこの日4月とは思えないくらい気温が高くて新築現場で敷地も広い為日陰もなく体力勝負でした。
金物の数147個
1個の金物を取るのにハンマーを平均6回は振りました!
素人が約900回0.8㎏のハンマーを振り続けてると、軽度の腱鞘炎になりますのでお気を付けて!!

それではまた!!

サブコンテンツ

PAGE TOP