STUFFBLOG

年始について

新年、あけましておめでとうございます。
門池です。

今年の年明けは東京でも雪が降りました。
皆様、事故や怪我無くお過ごしでしょうか?

毎年、仕事始めには多種多様な業種のホームページで新年の挨拶等がブログやお知らせで投稿されます。
多分に漏れず、私も新年について書こうかと思います。

年末に一年を振り返り、新年を迎えて心新たに引き締めていらっしゃる方も多い事かと思います。

ここ数年、世の中は感染症の対策や環境の変化に伴い、生活様式や働き方、ついてはお買い物の際のキャッシュレス化など、激変と言ってもいい時代に突入しているように感じられます。
私自身、現金至上主義で、クレジットカードの類は持っていてもあまり使ったこともなく、ましてやネットバンキングやスマホ決済などとは程遠いアナログなタイプでしたが、最近ではネットショッピングを覚え、コンビニでもスマホでピッと支払いをできるようになりました。
昨年の今頃では想像もできないような出来事です。
すでに何年も前からそういった新しいお金の使い方や便利なサービスを当たり前に使っている方々からしたら、かなり遅れた人間なのかもしれません。。。

しかし、世の中の時間は誰にでも平等に与えられているものとはいえ、楽しい時間と苦しい時間は同じ時間を過ごしていても長くも短くも感じるもので、等しく持っている時間もあっという間に過ぎてしまっていたりするものです。
考えてみれば私自身成人式(仕事で出席してませんが。。。)から二十ウン年経ってしまっているわけで。。。
本当にあっという間です。

改めて時間の大切さに気付くのが、新年のようにも思います。
これは、どなたにとってどのタイミングでもいいような気がしますが、私の場合は年始に
「去年の今頃は。。。」
と考えることが多い気がします。。

今年は、今年こそはと、思いを新たに物事に取り組むのですが、思うようにいかないのが長い人生である事にも焦ったり、慌てたりしない年齢となってきました。
それでも、去年できなかったことが一年の間に当たり前にできるようになることは一つの成長だと思います。

落ち着いて物事を考えられるようになってきたのかもしれませんが、思い切りがなくならないように、慎重に潔く仕事に取り組み、今年こそはイメージしている一年となるように頑張ります。

そういった思いをしっかりと持って、皆様の住まいづくりのお手伝いができるよう精進します。

それでは、またアップします。

サブコンテンツ

PAGE TOP