STUFFBLOG

今年一年について

こんにちは
門池です

早いもので、今年もあとほんの少しになりました。
今年最後の投稿になります。

今回は、今年一年についてです。
現在も続くコロナウィルスの影響が多方面に出ている昨今です。
世界中で増加し、残念ながらお亡くなりになってしまった方もいます。
幸い、私の近くでは不幸に見舞われた方もなく、今のところみんな元気に年を越すことが出来そうです。

しかし、この正月をどう過ごすかはとても重要なことかとも思っております。
私は、毎年両親のいる田舎に年末に帰り、年明け早々に旅行しながら東京に戻ってくるというパターンでしたが、今年の年末年始は自宅警備です。

やむを得ず帰省する方や、外出、年末年始に遠方に行かざるを得ない方など、どう世の中が変わっても変えようのないお仕事などあるかと思いますが、皆様くれぐれもお気をつけてお出かけください。

今年は、コロナだけが話題になっていた一年だったように思います。
たしかに、私たちの現場にも影響はありました。
製品や建材が入荷してこない、人の出入りを制限するなど、工期に遅れが出るようなこともたくさんあり、私たちの努力だけでどうにもならないことも多くありました。

それでも、時間がかかっても建築工事は進めていきましたし、当初困惑していたトラブルにも現在では想定しながら対応できています。
個人の力で対応できないような状況も、「三人寄れば文殊の知恵」と言うように、様々な場面で相談しながら進めていくことで困難な状況も何とかなるものです。

マイナスなイメージばかりが目に付くこの頃ですが、今年一年を振り返るとなんだかんだ元気に一年を過ごせていることに感謝です。

「トラブルを歓迎しろ」
これは、私の大好きな作家が残した沢山の言葉の中の一つですが、今年は歓迎できるようなマインドではなかったはずなのに、この言葉に救われた気がします。

それにしても、トラブル続きは消耗戦の様に疲れるものです。
来年は平穏無事に一年を過ごせるように、などと毎年思い、毎年トラブル続きです。
いい加減慣れればいいのですが、なかなか達観できないもので、いつも感情に左右されてしまいます。

ただ、はっきりと言えることは、私たちにお建物を託してくれるお施主様に少しでも応えられるように日々努力を続けるだけです。

それでは、また来年アップします。

サブコンテンツ

PAGE TOP