STUFFBLOG

続きまして新人の平野です!

初めまして
前回の上野君のブログの最後にご紹介頂きました、
新入りの平野です!去年の9月頃に晃栄ホームに入社し、工事部で修行中です。
全く別の業界で働いておりましたので、正直わからないことだらけです。
ですが、周りの方々がフォローしてくださるので凄く頼りにさせて貰ってます。
ブログで言うのも変ですがいつもありがとうございます!

前回の上野君に習って、自己紹介させてもらいます。
様々な職業を転々としておりました。そんな時に誘って頂いて去年の9月に入社させて頂きました。
今まで経験したことのない職種なのでわからないことだらけですが、
周りの方々がフォローしてくださるので何とか毎日過ごしております。
休みの日はたまーに読書とかしてたりしてましたが最近はめっきり読んでないです。
あとお酒が好きです。が弱いので量はそこまで飲めません。

とざっくりですが、自己紹介させて頂きました。

最初の投稿なので、建築業界に触れて感じたことを書かせて頂きます。
まず…..専門用語がわからないです。
以前居酒屋さんで勤めていた時にも同じ経験をしました。
例を言うと、
「お花」 これはトイレに行きますよって意味なんですが原型というか
もう覚えるしかないですよね。働いていない人でも知ってる人は知っている位の専門用語です。
お次に、「紫」これはどうでしょうか?
これは醤油という意味です。ずっと一緒に働いていた寿司職人さんから聞いたんですけど
正直チンプンカンプンだったのを覚えてます。しかも今使う人は結構いなくなってしまったとか…

少し脱線してしまいましたが、お伝えしたいことは、先程の居酒屋さんの専門用語でいうところの
「紫」級の意味不明な単語が日常会話として平気で使われているということです。
言い換えるのであれば建築語と言いますか、職人さん達の打ち合わせの
様子はまるで外国ですね。というよりも方言が凄く強い地方にいる気分です。
こんな事言ってたら職人さんや地方の人に勉強が足りないだけ!と怒られてしまいそうですが
素人からするとホントにそんな感じなんですよ。

でもこの建築語。覚えて来ると凄く使います。というか使った方が圧倒的に伝わるスピードが速いんです。
大袈裟かもですけど5分説明に必要とする内容も専門用語を使えば1分以内に伝わるんです。
これは皆使う理由もわかります。逆に普通に説明しても伝わらないケースも
あるので覚えないと文字通りの「お話にならない」状態になってしまいます。
でも職人さんは優しい人が多いので翻訳してくれる方が結構多いです。

そんな建築業界でこれから一人前目指して立派になりたいんですけど一つ心配していてそれが、
ご飯を食べるスピードが遅いと置いていかれます。笑
全員滅茶苦茶早いです。特に工事部長の速さは多分何かの選抜に選ばれると思う程速いです。

少し長くなってしまいましたが、
暫く時間が経って自分でこのブログを見たときにそんなこともあったな~と思えるようになりたいですね。

次は前回同様に同期の上野君が書いてくれます!
いざという時に必ず手を差し伸ばしてくれ、気配り心配りを忘れない正真正銘のナイスガイなんですよ。
最後に、
そんな上野君もご飯食べるスピードが異常です。

では、またの機会に御機嫌ようです!
2017-09-27 15.15.44” alt=”大事で大切基礎作り” width=”500″ />

サブコンテンツ

PAGE TOP