STUFFBLOG

一年の終わりについて

こんにちは
門池です

しばらく書いてませんでしたが、あっという間に今年ももう少しとなってしまいました。
北日本には爆弾低気圧が来たり、東京も気温の低い日が続いていますが、体調など崩されていませんか?
私は、ここ最近ジョギングを始めてみたのですが、あまりにも今までの不摂生が酷かった為膝が痛くなったりと体にガタが来ているのを実感しております。

今日は、もう年末という事で年の終わりについてです。

今年もいろんなことがありました。
一番大きなことは、会社のスタッフの入れ替わりでした。
若く、元気のいい仲間が二人も入ってきてくれました。
入れ替わりなので、会社から去っていった人もいたのですが、何よりも全体の若返りは仕事のスキルや経験とは違う活気が会社にみなぎってきました。
これは、私たちにとっても非常に嬉しいことですし、社内の空気がガラッと変わりました。
これから先に強く期待が出来るスタッフの入社は会社の成長に欠かせない大切なピースです。
当社は1棟づつの丁寧な仕事を心掛けて施工しているので、急成長するようなことはないと思っていますが、こうした変化で少しづつ喜んで頂ける会社になっていけたら良いなと思っております。

それから、新しくお付き合いさせて頂く設計事務所が数社増えました。
注文住宅は、毎回違ったお建物を施工致します。
公平な競争入札での案件獲得も会社の実力や企業体力の結果ですが、実績と信頼関係からの特命でのご依頼というのは会社的には一番評価されていると喜べる事です。
また、賃貸物件のオーナー様などや改修工事でお世話になったお施主様からのリピート工事も非常に多くなり、着実に、少しづつでも会社が成長していることを実感できる一年でした。

私自身、反省や後悔も多く考えさせられることも多い一年でした。

この先も、お施主様に喜んで頂き、晃栄ホームのファンが増えていくような施工を心掛けていきたいと、そう思っております。

今年は、明日を仕事納めとさせて頂き、新年を迎えて1月5日からの業務スタートとなります。

お正月は、久々に田舎に帰ってリフレッシュしてくる予定ですが、呑みすぎないようにしないと。。。。
勿論、ジョギングの準備はしていきます!

それでは、また来年アップします

サブコンテンツ

PAGE TOP