STUFFBLOG

施主検査

こんにちは
門池です

先日、施主検査がございました。
施主検査とは、お引渡しの前に建築家の先生と、お施主様、晃栄ホームとで現場を確認する作業です。
フローリングや、クロスの傷や、ドアやサッシ、建具の建てつけの不具合など、お引渡し前にすべて是正する項目を三者で確認いたします。

工事期間中、多数の職人さんが出入りする為、小さな傷や汚れなどは全くないということは御座いません。
しかし、こういった施主検査で現場のチェックをお互いにしてきちんと是正したうえでお引渡しをすることで、円滑な竣工となります。

私たちはと言えば、手直し項目が少ないに越したことはないのですが、ボリュームに関わらず引渡し前の現場はどうしてもバタバタするので、みんなで掃除をしたり、細かな残材等を下げたりとあわただしくなります。

それでも、お引渡しは新たにこれからその家で暮らすお施主様にとっては、非常に大きなイベントであり節目です。
お施主様の要望に沿った住まいづくりをする注文住宅の場合は、建売やハウスメーカーさんではやらないような工程やイベントが多数あります。
それらを、しっかりとこなして、喜んでもらえる住まいづくりをしなくては。

施主検査
施主検査の現場です。

それでは、またアップします。

サブコンテンツ

PAGE TOP