STUFFBLOG

竣工引渡し

こんにちは
門池です

先日、22日に完成披露会にご協力頂きました、墨田区の住宅の竣工引渡しをさせて頂きました。
私たちにとっては今までの建築工事に、お施主様にとってはこれから始まる新しい生活に対しての大きな区切りとなる、非常に感慨深いお仕事です。

鍵の差込 ご主人様
鍵の差込 奥様
鍵の差込の写真です。
鍵に関しましては、工事期間中に現場に入る際の鍵は「工事用キー」として、お引渡しの際にお渡しする「本キー」とは違います。
私にも仕組みはわからないのですが現在の鍵は、工事期間中の工事キーから、お引渡しが終わりお施主様が本キーをさした瞬間に工事キーはさすことは出来ても回らなくなり、それ以降は、お施主様立会い、もしくは鍵をお預かりしない限り建物に入れなくなります。
そういった意味でも、「あぁ、工事が終わったんだ」という何とも感慨深く、少し寂しい気持ちにもなります。

今回はお施主様が、ご自身で内装の塗装をされたり、サンドバッグを中に吊ったり、また、完成披露会にご協力頂いたりと、非常に距離感の近く感じられたお施主様でした。
また、終電が無くなるまでご主人と設計工房の先生と呑んだりと。。。。
集合写真1
集合写真2
最後に、現場監督の遠藤と設計工房の久保先生と、私とご家族で記念撮影を致しました。
また、この後にご家族とお食事もご馳走になりました。
これからも、お引渡しや施主検査等、春は現場が活発となっていきます。

それでは、またアップします。

サブコンテンツ

PAGE TOP